美容総合商社の株式会社マックスです

〒545-0052  大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目18-6

「ビビリ毛“ 絶滅” 対策」marcel9月号

2015年08月20日

戻る

しんびよう「マルセル」2015年9月号 新美容出版

cover (5)

title (4)

ヘアカラーブームが起きて20 年近くが経ち、アイロン縮毛矯正とホット系パーマが登場して10 年以上が経過しました。これらの進化と変化によって、従来では見られなかった“ ビビリ毛” が発生しています。ビビリ毛は、ケミカルによるハイダメージ毛がさらに進行したものであり、基本的には修復不能です。ビビリ毛の絶滅を目指して、その発生原因と対処法について、正面から取り組んでみます。

ツールバーへスキップ