美容総合商社の株式会社マックスです

〒545-0052  大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目18-6

「ヘルスリテラシー」ザ・ビューレック2015.10

2015年10月04日

戻る

ビューティビジネス情報誌”ザ・ビューレック



■『健康経営』とは何か

~美容業界との関連とメリット~

東京大学 政策ビジョン研究センター

健康経営研究ユニット特任助教 古井祐司、

ACQUA ディレクター 伊藤和明

■自然と行われてきた美容業界の

ヘルスリテラシー

チカラコーポレーション、DIVA hair、

Gather、POCO A POCO、assort

■健康経営で成果を出す企業

■明日を担う滝川奨学生リポート (#5)

■My Recommend (#47)

GLAMORUS 代表 TAKAKO

Recommended Book

「femme(ファム)女として、女優として」

■全国横断ご当地人気サロンPick Up ! (#47)

(愛知県・豊橋市)LE-PLA-BEAU trico

■NPO法人美容週間振興協議会

全国美容週間実行委員会 (#15)

■NEWS

■体のマネージメントも技術者のウデのうち

お茶の水整形外科機能リハビリテーション

クリニック 院長 医学博士 銅治英雄、

Lapis cuna

エグゼクティブプロデューサー 藤井峯子

■重くて軽く、落ち着いていて動きがある

2面性スタイルを可能にする

FIOLE『CREATIVE DESIGN』

aura 代表 萬久明

■BEAUTY Concierge (#27)

地球環境と生産農家に優しい化粧専用コットン

『わたしのコットン』

天高く馬肥ゆる…との言葉どおり、旬の美味しい食べ物に食欲も増すこの季節、ザ・ビューレックでは『健康』について特集いたしました。今、国を挙げての健康増進政策が始まっていることをご存知でしょうか。金銭的インセンティブも検討されているようです。特に体が資本の美容業では、不調がサービスの低下に直結しがち。今後は、各自での体調管理とともに、経営側が積極的にスタッフの健康意識を高めるような取り組みが求められそうです。実は、食事が不規則なビューティシャンは、平均して糖尿病のリスクが高めなのだそう。こうした豆知識をスタッフに伝えるだけでも意識は変わります。満足度の高い技術を安定してお客様に提供するためにも、サロン全体で『健康』について考える機会を持ちたいものです。

ツールバーへスキップ