美容総合商社の株式会社マックスです

〒545-0052  大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目18-6

また、今年もシーズンが.

2014年06月30日

戻る

前橋です。最後まで宜しくお願いします。

また、今年もこの季節がやって来ます。シーズンに数回しか観戦出来ませんが、

「関西学生アメリカンフットボール」のDivisionⅠ。

8チームのリーグ戦で毎年下位2チームが入れ替え戦となります。

私の記憶では、十数年前から昨年までDⅠ残留チームとしては、

立命館大学、関西学院大学、京都大学、関西大学の4チームであり、

中でも注目は京都大学ギャングスターズ。昨シーズンは、5勝2敗の同率3位。

上位チームの中では言わずと知れた国立大学で、経験者が僅かにも関わらず、

私立大の壁をもろともせず、必ず上位に位置しています。

それは、部のサポートとし、先ず入学の勉強指導からスタートし、

学生となった暁には、食事指導・肉体改造・さまざまな不安の相談等のバックアップ。

伝統校らしく、OBからの助言、苦言も呈されると思います。

私立大には何としても負けられない意地が根底にはあるとも・・・。

 

画像①

 

そして、やってくれました。昨シーズン強豪立命館大学に20━2で勝利し、

唯一黒星と付ける活躍。今年のプレシーズン戦は今一歩の成績ですが、

開幕にはベストに仕上げてくるでしょう。

以前、京大農学部グランドでの練習試合観戦終了時、観衆が疎らにも関わらず、

リーグ戦同様立派な挨拶だったなあ。拍手せずにはいられなかった。

今シーズンは、是非とも「私立の壁」を破り、トップへ。大学日本一となり、ライスボールへ。

終わりにアメフトの魅力とは、自分のメリットを活かせるようポジションが豊富なこと。

だから選手交代が頻繁に行われ、出場機会が多く得られます。

ルールが全く理解できなくても観戦していると解消されます。

この偉大な関西学生陣取ゲームを、11月に長居スタジアムで

ギャングスターズが制している姿を浮かべながら応援しよう。

 

画像.②

 

ツールバーへスキップ