美容総合商社の株式会社マックスです

〒545-0052  大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目18-6

夏・商戦期を迎えるに当り、勝ち組の発想とは。

2001年06月26日

戻る

昨今の経済状況を察しますと、内需(GDP)が鈍化し、ここ2~3年はまだまだ厳しいとの予測がエコノミスト等に指摘されている現状下で、政治も経済も大きく流れが変わろうとしています。
政治の面でも国民に判りやすく、経済に於いても、消費者の目線にそった、プレゼンテーションと、個人の主張、願望、生活ライフ等のニーズにお応えする事が求められています。
そしてこれらを実践し、不況の中でも元気のいい企業はあるのです。
異業種ではありますがこれらの企業の売れ筋商品と致しまして、どんな商品が好評であるかと言うことで列記しますと

一、折たたみの自転車  99,000円
16段ギア付で車のトランクに入れたり、マンションの室内に手軽に持ち込めることの出来る利便性

二、中古カメラ   数万円~百万円程
団塊の世代で、少年時代の憧れ。
欲しかった願望とゆとりのある生活の中で、こだわりの写真、手で持った感触を求めたい方にうけている。

三、アジア雑貨 家具(チーク材)五万円前後のもの~
ランプ(ぶたの皮を取り入れた) 一万円前後のもの
働く女性に人気。
食費を節約しても、生活空間の安らぎ、いやしと言った願望を求めている。

四、プロ用(赤外線)ドライヤー 17,000円
プロ使用と同じものを使いたい願望

五、バイク
オーダメイドの部品を表現したい若い男性に人気
(溶接部分をなくし、出来るだけボルトで仕様している)

六、分譲マンションでレイアウトが自由設計で出来る
従来は水周りが決まっているため、なかなか希望がかなえなかったが、
床下10cmの高さから床下40cm程の空間を、もうけることにより、
配管が自由に移動できるため、オーダーメイドのレイアウトが作れる。

このように不況知らずの業界があるが如く大切なことは従来型、右へ一例と言った流れではなく、それぞれの共通していることなのですが「最初の主張」をどう発信し、消費者がどう反応し、私、自分にとって「好き」「嫌い」を選択し、今後の満たされた「人生の開発」を模索している様に感じます。
また、いままでの価値観は「性能」とか「お得」と言ったことから、自分にとって必要なものだけを買う時代へと価値観が移行してきました。
特に触感、快感と言った流れと、ファッションの中で、「楽しさ、スポーティー、ダンディさ」と言った日頃のライフサイクルの中での過ごしやすいカジュアルラインの服へと主流が変わって来たと察します。
これからの購買力への訴求として、「こだわり」で買う消費ニーズとでも申せましょう。
私共では消費材料をお得意様にお届けしている立場で、「売れるもの」「売れないもの」が、はっきりと数値的に出てきたと考えています。
なぜなら、メーカーラインをそろえるのも一利ですが、何々のメーカーの何々が特に良いとすれば、そう言った「こだわり」を重視し、自分流、サロン流に組み立て、顧客の目線に合った品ぞろえと品数が重要視され「古くて良きもの」「新しくて良きもの」と言った具合にバリエーションの工夫と新製品の先見性と聞く耳、一度やって見ようとする「心意気」が大切になって来ます。
「売れない」「買わない」ではなく、営業の世界でも他責ではなく自責面が大きく反映しているものです。

アプローチポイント

①切り出しのスピーチ(イントロ)を顧客にどういう所から会話するか
(個々によって違って来る)話題を豊富にもつ。
②商品そのものの特に「こだわり」を一点にしぼり強調。
③感触、香り、使用感、仕上り感と言った面を出来るだけ体験してもらう。
④家庭で使うに当たっての分かり易い注意事項、使用法

ここで一番大切なことは売り込むのでなく、お客様の判断、都合と言った面を考え、一度見直して下さいとサラッと流す事です。
心理的に、人間は話をすれば、何かを売り込まれるのではないかという警戒心を持っており、これらを取り除くことが大切になって来ます。
また、顧客のほうからの希望で買われたものは、必ず愛用され、その結果、再来時に追加して求められます
是非、夏場の商戦期を迎えるに当り、店内ミーティングの中で、話題作りとロールプレイング等で楽しい店販の進め方をお考え下さい。
当社では売れ筋商品のラインと新製品情報等人気商品を取り揃えています。
また、メーカー企画プラスαとしてマックスオリジナル企画等により、勝ち組サロン作りを支援致します。
また、Mプレス裏面にて店販大会のご案内させて頂いております。
参加お申込みのサロン様を資格対象と致しておりますので宜しくお願い致します。

ツールバーへスキップ