美容総合商社の株式会社マックスです

〒545-0052  大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目18-6

SLという生き物

2013年09月17日

戻る

レトロな感覚を味わうにはと思い、SL乗車しに行きました。

 

昭和50年に日本の国内から定期運用の“煙”が撤退し、

エネルギー革命石炭の時代は終わりましたが、間もなく、

SLやまぐち号(新山口~津和野)が観光用として復活し、

今なお春~秋にかけ運行しています。

今迄、“やまぐち号”を皮切りに“ばんえつ物語号”“北びわこ号”

“みなかみ号”“大沼号”に乗車しましたが、大井川鉄道が一番充実。

地方鉄道ながら6両のSLを保有し、車種もさまざまで、

旧客車も用い懐かしいニスの匂いであふれていました。

 

写真①

力強く吐く機関車

 

 

今回は勿論上記とは違う路線で、以前から機会を伺っていました。

 

いざ“カマ(機関車)”を目の当たりにすると、体から漲る熱気、スチーム、

煙で誕生から70年経ても衰え知らず。

「ヴォー」と長い汽笛のあと、体いっぱい温めたスチーム、煙を吐きながらゆっくりと発車。

時間が止まったかの様に、マイペースで目的地へと進む。

あちらこちらでは子供たちの手を振る姿、シャッターの嵐を全身に受け、

それを汽笛で答えて時のスターは駆け抜けていきます。

苦手な坂では思いっき石炭を貰い、黒煙を噴き上げ、それでも必死に登る姿には感動です。

平地では、何事もなかったかの如く快走し、2時間余りの異空間旅行は終了しました。

生きているSLの鼓動、体を張った姿はどこで会っても元気をくれます。

 

次回は、国内SL最長区間路線に再挑戦したいものです。

H・MAEBASHI

写真②

ツールバーへスキップ