美容総合商社の株式会社マックスです

〒545-0052  大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目18-6

「目的に合ったように動いているか」と常に自問することが必要

1999年12月20日

戻る

なんであれ目的をきちんと認識して、その目的に合った行動をとる。
これが、正に「はかる」と言うこと。
目先の結果より「目的に合ったように動いているか」と常に自問することが必要だ。
(横河正三 横河電機名誉会長)

 

自らを「革命」的に変えていく
現状打破の精神。
それは、状況を変えようとする「意志と行動」なのだ。
「昨日やったことはまずかった」と気がついて、初めて日々革新、新たに自分自身が伸びていける。
「自分のやったことはみな正しい」と思いたがる人間は、そこで進歩が止まってしまう。
現状維持の人間には、明日がやってこないことを知るべきだろう。
さらに言えば、危機に直面したり、失敗したりしてから問題を処理するのは誰でもやることであるが、まだ余力があるうちに現状を打破することは大変難しい。
しかし、リーダーはその難作業を果敢に遂行しなければならない。
成功体験に埋没することなく、状況が決定的に悪くなる前に、どう自己変革するかが問われているのである。
さて、「目的に合ったように動いているか」と問われたとき、目的の中には「川上発想」と「川下発想」の二面性があり「企業的、会社的、戦術戦略」と「消費者的動向」がある。
時代の変化と共に附加価値も変化し、ヒーリング(癒やし)と言った多面的ニーズとモード性と言ったファッションニーズの融合が、今、サロン経営に求められている様に思います。
業界もヘアファッションを提案するだけでなく、機能面で美容業の巾を拡げ、トータルにどれだけ完成度を提供していくか。
また、モード性のある感性を自社のブランドとして世の中に発表し、サロンオリジナリティーを訴求していくかではないでしょうか。
「物と感性」が一体となって伝達され初めて、サロン顧客へとつながります。
ファン、すなわち固定化への第一歩です。

そこで、今回は「固定客」について少々述べさせていただきます。
意外と固定客についてサロン様では安心しきっている面があるように思うのです。
お客様の欲求は日々変化し「もっと良いもの、得るものは無いだろうか」と捜し続けているのも現状です。
例えば、来店周期を例に取りますとヘアー部門では一ヶ月以上の間隔があります。
お客様はサロンに来店すると、まずリラックスし、お洒落を楽しみし、生活感に「ハリ」を持って豊かなライフスタイルを営みたいと思っています。
特に、最近は独立志向で単身生活をエンジョイする女性が増えており、サロンワークに「温もり」を求め、お店とのつながりを大切な一場面と考えています。
そう言ったことから、短期再来メニューの提案と致しまして、当社では次のような事柄を提案させていただきます。

◆LCM(ライト、コンセプト、ネイルズ)
職業柄マニキュアを出来ない方、また、マニキュアはしているが爪が弱く割れやすい方へお勧めです。
LCMを施術しますとマニキュアを除光液でふき取ってもマニキュアのみ取れて、半永久的に「光沢」のある爪が保たれ、伸びる部分のみをリタッチする新技術です。
ちなみにプライスは指一本当たり800円、リタッチで指一本当たり600円は頂けると考えております。
教育日程も、ネイル二級程度ですと二日間コース、初めての方でも四日間コースで修得できる技術です。
是非、サロン様での導入を考えて下さい。
そしてお客様とのスキンシップとコミニケーションを高めて下さい。

 

特ダネ情報

★ヤニック・ディスティーチング IN OSAKAが12月6日(月)・7日(火)開催されました。
忙しい時期にも係わらず多数御参加頂き有り難うございました。
数多くの一流メゾンヘアコレクションを担当し、今やモード界では知らない人はいないと言われているヤニック・ディスですが超人気歌手「宇多田ヒカル」のニューリリースのCDアルバムのヘアー担当をする事になりました。
気取らない、そして独創的なテクニックは受講者に感動と、そして美容師としてまだまだ頑張らねばと言うやる気を起こさせたと確信いたしております。
モードを常に発信するフィヨーレ製品は、一歩一歩確実に有力サロン様作りを進めております。
顧客ニーズにあったカウンセリング主導のヘアケア、スタイリング剤、コールド液で構成されています。
サロン様臨店により御納得の上、受注を頂いております。

★今、お客様との「ふれあい」情報として、電子メール、FAX一斉情報(代行業者有り)等が爆発的にうけております。
印刷物、雑誌の情報から「生の情報」をタイムリーに活用する時代へと移った事の象徴ではないでしょうか。

★今年の店販売れ筋商品の一つは、メロス・IDケアシャンプー&トリートメントです。
アルカリヘアカラー用、アシッドカラー用が他社にはない特許製品としてうけております。
十二月キャンペーン中ですので是非御一報下さい。

ツールバーへスキップ